思い出

散歩

狐の嫁入り

今までに一度だけ、『狐の嫁入り』を見たことがある。夏の終わりの暖かい日の夜のこと、私はまだ高校生だった。目の前の山の中程に、連なるいくつもの松明の火が山頂に向かっていた。赤い点々が順番に点滅するように、ぼんやり浮き出ては消えるように進む行列...
日記

やさしい嘘

人を待つということ。 鎌倉のおばさまは、私の大学時代の友だちのお母様。当時私は、大学近くのアパートでひとり暮らしをしていた。私の両親はお互いの仕事を持っていて忙しくしていたので、私の事までは考える余裕が無かったのだろう。大学生になった私は、...
日記

硬貨の表と裏

ポジティブ思考 私が大学時代に、ボーヴォワールの『第二の性』の講義を受けたときの話。教授は、男女の待遇や男女同権論について説明した後、「第二の性」の本を片手に『興味のある人は読んで下さい。初めての授業なのでよく分からない人は、興味のあること...
日記

アンのお道具箱

魔法のランプのように。 蚤の市で購入した古いCAKEとロゴの入ったお菓子箱、よくケーキや焼き菓子を保存するのに使われていたらしい。今は、私が裁縫道具入れに使っていてハサミ・針・指抜きなどが入っている。それから、息子に貰った肩たたき券や困った...